♪♪ちょっと変わった男の子の毎日の記録です♪♪


by Ryonmath
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

面談が終わって、夏休み

家庭訪問がなぜかない学校だったので、一学期は、子供のことを先生に告げるチャンスも少なく、先生も忙しそうなので、なかなか言いたいことも言えず、あまりに授業参観の時のクラスメートとのけんかがひどかった時に、連絡帳に書いて話を少ししたくらいでしたが、やっと夏休みに個人面談がありました。

これはチャンスと、何を言おうかとドキドキしていましたが、結局全体を通して先生が言いたかったことは、お友達との関わり合いがうまくできないから、なかなか友達ができない。

昼休みも男子は運動場に遊びに行ってしまうが、運動が苦手なのでそれに参加しない。先生が行くようにすすめてもやっぱり行きたくないのでいかないので、お母さんからすすめて欲しいということでした。


う~~~ぬ。私だったら、参加しないな!無理して、みんなに「へたくそ」とかいやなことを言われたりするようなところには、絶対行かないな。だからすすめたくないな。

そういう私の考えが、他の転校してきた子のママが、他のママさんたちに初日からガンガン話しかけていくみたいなびっくりするくらいの行動力に出ることができないとこだろうと思うけど、自分の実力以上のことはできないしね。



過去の経験からして、今は一緒に遊ぶお友達ができなくても、ある日ふとできるかもしれないということもあるんじゃないか。私はそういう感じだったな。

まあ、もっとうまくふるまうことができれば、一人でさみしい時間がかなり短縮されると思うけど、でもそれがうまくできないのが、私やRyonなんだからしょうがない。ちょっとずつやり方や生き方を修正していくしかない。

とりあえず、すぐ怒らない!ってことと(Ryon)、あんまりネガティブにとらえすぎないっていう気持ちで。



しかし、私は友達のことについてはあまり期待していなかったので、それより勉強について聞きたかったけど、それがあんまり場違いな感じで話がしにくかったのが、なんかな~と思ってしまった。

Ryonは近所の公立中みたいな所に行った方がいいのか、中学受験をしてもうちょっとみんなが勉強に目が向いている学校へ行った方がいいのか。その場合は、4年生は油断している場合じゃないもんね。とりあえず、通信教育で受験勉強はしているけど、もともと中学受験をする子なんて数人しかいないような地域に住んでいたから、事情がよくわからない私でした。
[PR]
by Ryonmath | 2013-07-28 23:25 | 学校のこと