♪♪ちょっと変わった男の子の毎日の記録です♪♪


by Ryonmath
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

読書

算数は大好きだけど。国語はあんまり好きでないRyonですが(特に書きとり)、読書も大変偏っています・・・かも!?

うちにある本の中でおそらく、最も好きなのは「グレッグのダメ日記」シリーズ(今のところ7巻まで)です。なぜそんなに好きなのか、私も本を読んでみようと思ったけれど、いまだ1巻の最初の方までしか読んでいないので早く読めと言われています。母、なさけない・・・。

一番最近出た7巻のサブタイトルが「どんどんひどくなるよ」なのですが、Ryonのことみたい(いじめっこRの件)で、「ううっ」と思わず思ってしまいましたケド・・・。グレッグがあまりに好きなので影響をうけ、Ryonの書く文章はグレッグぽいことが多いです。そういえばあの3DSの交換日記もグレッグっぽいかも・・・。


他に、ひみつシリーズの「算数頭をつくるひみつ」「お金100のひみつ」「頭をよくするひみつ」「記号・単位のひみつ」「将棋のひみつ」などもありますが、このうち、算数&お金&頭はアメリカにいた時にニューヨークに行った際に紀伊国屋書店で買ったものです。私たちが住んでいたボストンには日本の本を扱うお店がなかったので、アマゾンとかで高い送料を払ってでしか頼むしか買えなかったのでした。

本は見て買いたいので紀伊国屋でRyonが選んで買ったのですが、実際の金額より2~3倍くらいしました・・・(なんて高い・・・)。もちろん紀伊国屋ではしっかり「ドラえもん」のいコミックも3冊買ってました(こちらもお値段3倍くらい・・・わざわざNYに来たと言うことで買ったが高い、高すぎる)。

その後、アメリカの小学校のバザーの行事で日本人の子が出した「ドラえもん」のコミックが一冊1ドルで売られていたので買いました(こちらで買えばよかったわ)。なつかしい思い出ですが、やっぱり日本の本屋さんは最高ですね。ほんと、本屋さん大好き。



ところで昨日、国語の教科書に載っていた「はれときどきぶた」を読んでみたいと言うので、これはめずらしい物語を読みたいなんてと早速図書館に借りに行きましたが、貸し出し中でなかったので、Ryonでも楽しく読めそうな「吉四六さん」と大好きそうな「大きい数のかけ算」(まついのりこさんの絵本)を借りてきました。

ついでになかなか友達関係を作るのが難しいRyonの参考になればと、齊藤孝先生の「たった3分で友達になれる魔法のマップ」という本を借りてきました。文が多いし、これは読まないかな?とおもってたけれど、本人も気にしているのか読み始めました。何かヒントを見つけてくれるとうれしいです。いつも自分の好きな話ばっかり一方的にしているからね←会話が成り立たないもんね・・・。これは私も読むつもりです。
[PR]
by RyonMath | 2013-01-17 23:24 | こくご