♪♪ちょっと変わった男の子の毎日の記録です♪♪


by Ryonmath
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

う~~~ん

 今日、私が本屋に行った時のこと。漢字が苦手なRyonのために何かいい問題集はないかと見ていたら、隣に60歳ちょっとくらいの女性が問題集をいろいろみながら悩んでいる様子。見ると小学2年生のを選んでいるみたい。

 「何がいいのかね~~?」
と私の方におっしゃってきたので、
「2年生ですか?うちの子もそうです」
ということで、勉強のことでその方とお話することに。

 どうもお孫さんが全く勉強ができなくて、うちでも全く勉強をしないらしい。宿題はするけれど、母親は宿題の本読みなども全く聞いてもいないようで、おばあちゃんからしたら孫もちゃんと読めていないのにそれでもほっておくなんて、そんなんでいいのか心配でしょうがないらしい。

 で、勉強したらと孫に言うと、
「お母さんが勉強なんてできなくていい。しなくていいと言った」
とか、
「おばあちゃんのいうことなんか聞かなくていい」
と言われるそうで、
「なんちゅー母親なんだ!」
と私までその子の未来に心配になってしまった。

 あまりにも出来なくて、全く理解してない様子と言うので、教科書にそった解き方もわかりやすく載っている問題集をおススメしておきました(数々の問題集をチェックしているので、どれが勉強をやる気がない&出来ない子に向いているか熟知している私なんちゃって・・・Ryonの国語に対する熱意のなさのおかげですが)。

 しかし、そんな親がいるとは。Ryonの学校とか見ると、やる気マンマンの親の方が多そうに見えるのだが。みんな塾とか通っていたりするし。親がやらせて一緒について勉強させないと、その子はきっとずっとわからないまま学年が上がっていって、最後にはついていけなくなり、そうしたら間違った方向に走っちゃうかもしれないじゃ~~ん(昔で言う不良みたいな)。それでもいいの~~?

 勉強があまりにもできなかったら、なりたい職業になれなくなる確率もぐ~~んと上がってしまうから、その子の将来のことを考えてもある程度でもいいから勉強させるべきでは~~。とすっごく考えてしまいました。

 あのおばあちゃんの気持ちが、どうかお孫さんやお母さんに届きますように。今頃買った問題集がゴミ箱に捨てられていませんように。お願い~~~。



 Ryonの給食問題は、先生が今日も減らしてくださったようで、時間内に食べられたと喜んでいました。このまま給食が嫌でなくなってくれたら。うちでも、いちお食わずぎらいな食べ物にチャレンジさせ中です(いまだ、当たり!はありませんが・・・涙)。 
[PR]
by RyonMath | 2011-10-06 22:52 | 私のこと