♪♪ちょっと変わった男の子の毎日の記録です♪♪


by Ryonmath
カレンダー

<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

夏休みになりました

 アメリカのよその学校ではとっくに夏休み(マサチューセッツでも私立は早い)でしたが、木曜日にやっと学校が終わりました。夏の終わりに日本へ帰るので、通っていた学校ともお別れ。

 Ryonもクラスの子たちにカードを書き(これを書かせるのがなかなか大変でした)、お世話になった先生方にもカードを書き、前の日は大変でした・・・。

 当日、先生が時間をとってくれてカードをみんなに渡す時間があり、他にもクラスのみんなが一人一人お手紙&絵を書いてくれたものをまとめたものをもらってきました。

 Ryonはクラスの先生たちには無事カードとプレゼントを渡せましたが、大好きなMATHの先生書いたカードは渡すことができませんでした。残念。

 最後は感動的で泣けちゃうかと思いましたが、この日は学年最後の日でもあり、ランチなしで帰る日でもあったためみんなさっさと帰ってしまって、涙のお別れは全くなし。さみしい・・・。日本の幼稚園の最後の日は、Ryonの大好きだった女の子がRyonが見えなくなっても、
「ずっと友達だよ~!!!!!!!」
と教室のテラスで(まだ保育時間中なのに)大声で何度も何度も叫んでくれてたのに(これには、思わず私も涙。Ryonも涙)。そんな子を好きになったRyon、見る目けっこうあるねなんて思っちゃったりして。

 まあ、こちらも8月までいるので、まだお別れの実感もわかず日本人のお友達とは会うこともできるのですが、Ryonの大好きなクラスの女の子とかとはもう会えないかも(もう二度と会えないかもしれないので、Ryonがかわいそう)。とりあえず、夏休みのヒマな日に学校のプレイグラウンドに遊びに行ってみますか!(誰か知ってる子がいるかも!?)
[PR]
by ryonmath | 2011-06-27 12:07 | 学校のこと

プール

 今日はアパートのプールへ。浅い所は浮き輪なしでも大丈夫なのに、ずっとつけたまま。昨日の友達のアパートのプールでは、浮き輪禁止だったのでなくても平気だったのに。

 外は暑かったけど水の中はけっこう冷たく、それがいやだったのか他の子たちはわいわい泳いだり水に入っているのに、Ryonはいやがってプールの端っこに浮いたまま。

 ちょっとは泳がせようと(浮き輪ありでも)手をひっぱって深い方へと行ったら、前はへいきだったのにすごくいやがって、プールから出てもわんわん泣いたりした。イヤかも知れないけど、大声で泣くのだけはやめておくれ・・・。他の人からも大丈夫?とか聞かれてほとほと困ってしまった。

 なぜ、泣くんだ~。そしていつまでも、もう水から出ているのに泣くのはやめておくれ~。

 去年は浮き輪ありだけど、思いっきり深い方でも平気で、わがもの顔で泳いでいたのに。歳が大きくなるにつれて、どんどん出来なくなってきている感じ。他の子はどんどん泳げるようになっていくのに、この逆行は辛いなあ・・・。
[PR]
by Ryonmath | 2011-06-22 12:24 | スポーツ
前にチャールスリバー越しのMITの写真を載せたので、今回はMITと並んで有名なハーバード大の写真を載せたいと思います。


a0174075_1133060.jpg


こちらはハーバード大の門です。敷地が大変広い大学ですが、赤レンガ造りの校舎がいくつもあって、私から見れば「なんておしゃれ!」に見えてしまいます。こんな所で学べる方々がうらやましすぎます。



a0174075_113618100.jpg


こちら「ハーバード像」。この像の向かって左の足をさわると、願いがかなうとか、またここに来られるとか(そこだけピカピカ輝いています)。Ryonは3回行ってますが、1回目2回目に行った時に、
「またここに来られますように」
とお願いして、また戻ってきたわけですから、戻ってくるだけじゃダメだ~、
「将来ここへ入れますように」
ともお願いしましたが、入れますというのは敷地に入れるだけもありだったかもと思い、
「将来ここに入学できますように」
と願ってきてみました。
さあ、願いがかなう日がくるのか?ここに来る人みんな足をさわってましたから、まあ願いがかなう確率はものすご~~~く低いですよね(笑)。



a0174075_11423746.jpg


a0174075_1142587.jpg


a0174075_120120.jpg


a0174075_11445686.jpg

a0174075_1212020.jpg

a0174075_11455276.jpg



赤レンガの建物と緑の芝生がとても美しく、芝生でごろんと寝転んで難しい本でも読んでみたいな~なんて。でもかしこそうな見た目じゃないから、すぐニセモノとばれちゃいますね(とほっ)。



◆「ボストン100景?」と名付けたからには、まだまだこのシリーズ続ける予定です(他にも素晴らしい所がいっぱいあります。あ、でも、写真のハーバード大はボストンじゃなくて、隣のケンブリッジ市にありますが・・・。
[PR]
by ryonmath | 2011-06-21 12:02 | ボストン&周辺

せっかく・・・

 学校生活も残り3日(G1)。最後の最後にきてここ最近、クラスのお友達と学校の帰りに遊ぶようになりました。その子がいない時も、学校のプレイグラウンドの噴水にクラスの子が遊んでいたらそれに加わったり。

 一緒に遊んでいても、よくよく見ると離れて好きなことをしている時もかな~~~りありますが、とりあえず一緒に遊びたいと主張したり、誘われたら一緒に校舎の外へ飛び出して行くのはいいことです。

 今日もお友達と学校が終わってから一緒にプールで遊び、最初は全くかみ合わない2人だったのですが、だんだんお互いにあわせ始め、まあまあ仲良くやってました。

 もうすぐ夏休み。そして8月末には帰国(涙)。せっかくいい感じになって来たのに、夏休みになってクラスのお友達たちとも会えず、日本に帰ったらまたすぐになじめず一緒に遊ぶお友達のいない生活になるかもと思うと、帰るのがもったいないです。できたら、ここでこのまま、お勉強も(もち英語も!)、友達とのやりとりも学んで欲しいなあ←それはムリなんですけどね。
[PR]
by ryonmath | 2011-06-21 11:14 | あそび
 学校のサイエンスの授業で、今はバタフライについて学んでいるようですが、Ryonはちょうちょが嫌いらしい・・・。私もキャタピラーの時はイヤなのですが、ちょうちょはきれいだしいいじゃ~~んと思うのですが、どうも苦手らしいのです。

 今回学校でバタフライガーデンに行く遠足があったのだけど、いちおう前の日に先生に、Ryonはちょうちょが苦手なようなのです(ので、わーわーさわいだらすみません)と先生に言っておいたら、結局バタフライガーデンに入らなくてよくなったらしい。

 私としては入らせてくれてもよかったんだけど、やっぱり入らなかったのね・・・。日本で普通のクラスに入ってたら、絶対入ってたよね(入るように言われる)・・・と思うとビミョ~な気がします。それに勉強のために行ったんだからちゃんと見てきて欲しいよね。

 モルフォチョウ(ブルーのきれいなちょうちょ)が花に止まっている時、美しいブルーの羽でなくてガみたいな茶色で目みたいな模様のある姿がとってもコワイらしい。たしかに全然飛んでいる時と違ってきれいではないけど。このちょうちょ嫌いは克服する日がくるのだろうか?苦手なものが多すぎて大変です。
[PR]
by ryonmath | 2011-06-18 12:01 | サイエンス

あと少し・・・

 G1(一年生)もあと一週間で終わり。長かったようで早かった1年でした(いや、約10カ月)。夏休みの終わりに日本へ帰ることになったので、今通っている現地校とはもうすぐお別れ。さみしい~~~。

 学校がイヤとか、先生に怒られるからこわいとか、いろいろ言ってたこともあったけど、最後の方はだいぶ落ち着いてきた・・・のかどうか、実際の授業は見ていないのでわからないのですが、行きたくないとは言わなくなりました。結局一日も休まず学校へ行くことができました。

 英語も話せるようになったので(やっぱ子供はおぼえるのが早い。うらやましい)、クラスの子とも話したりしているし、前よりもいい感じになっているので、ここで終わりはもったいない気がする~~。もうちょっとあと一年くらいいたかったな。

 アメリカの子たちもみんなかまってくれて(わーっと驚かしてよくRyonをびびらせてはいるが)、声をかけてくれたり、いい子たちでした。別れるのが辛い~(涙)。まあ、ママとしては、めっちゃかわいい子供たち(こっちの子ってほんとすご~~~く見た目もかわいいんですけど)と別れるのがさみしいのでした。


 
 夏休みになったら、サマースクール(障害のある子たち用の)に約一カ月間行ってきます。
[PR]
by ryonmath | 2011-06-15 11:28 | 学校のこと

大変でした・・・

 今日はうちからちょっと遠い、韓国スーパーへ車で買い物に出かけました。駐車場に着くころには雨が。傘をさして車から出たRyon。
「急いでいくから!!!」
と、言い、傘もささず店へと走るパパ。その後を傘をさして走るRyon。
振り返ったパパ、Ryonに
「こらあ~~~っ!走るな!!!」
と叫んで怒っていた。

 パパは自分は傘を持ってこなかったので、自分だけ走って店まで行くつもりだったらしい。でも、そんなのRyonにはわかるわけないじゃん(というか、急いで行くからしか言わないので、他の誰が聞いても、お前たちも急げって風に聞こえます)。

 かわいそうにRyonはまたムダに怒られていた・・・(T_T)。


 店に入ってフードコートへ。韓国スーパーなのでキムチのすごく濃いニオイが充満していた。その瞬間、フードコートの床に向かって、Ryonがゲーゲー吐きだした。こんなところで~と思ったが、持っているウエットティッシュやティッシュで床をふく。が、Ryonは吐き気がとまらずまたもやゲーゲー。それを見たパパが、
「吐くのをがまんしろ~~~!!!!」
とすごく怒って叫んでいた。

 吐き気はそう言われても、本人だって止めたいけど、止まらないものだと思います・・・。

 その後、親切な韓国人の女性が、ペーパータオルをくれたので、なんとか床はきれいになった・・・(かな?)。

 かわいそうなRyonは、
「こんなことになって、もうボクは死にたい~」
と泣きそうになっていた。

 車ですでにちょっと気分が悪くなっていた所に、あのぷ~~んとすごいキムチの発行したニオイに、すっかり気分が悪くなってしまった様子(どうも発酵したニオイがダメらしいです。「SABWAY」のパンを焼くにおいもすごくいやがってるし)。

 Ryonに、
「気持ち悪くなったらすぐ言うようにしようね」
と言ったら、
「パパに怒られるから言いたくない」
と言っていた。
「わかるよ・・・。パパすぐ怒るもんね。言いたいことも言えないよね」

 と言うことで、パパはおこりすぎなのだ!!!!!
すぐに怒るので、何か失敗をしてしまっても、それを言わないで隠すような子になっちゃうじゃないか!(まあ、私もパパがすぐ怒るので失敗は隠しまくります!)

 それに人の目を気にしすぎて、ひどいこと(無茶なこと)をすぐ言う。こういう件については、注意してもなおらない(すぐ怒ってしまってひどいことを言う)のであきらめ状態。と言いつつ、こっちもその言い方はひどい!と反論するのですぐケンカになっちゃうのですが。

 ほんと、プライドばかり高くていやになっちゃうよ。
[PR]
by Ryonmath | 2011-06-12 11:44 | せいかつ?

やればいいのに~~

 今日は学校のfield day(運動会)でした。低学年の子たちがクラスごといろいろな競技で楽しんだけど、Ryonはいくつかの種目をやりたくないと、最初から自分で先生に申請してあった様子。先生もムリに説得してやらせたりしない様子。しかし、私なんかはやりたくない(できない)なんてことを言う勇気は子供のころ全くなかったなあ。Ryonにはびっくりです。


1. 「水風船を投げ合う競技」
    服が割れた風船の水で濡れるのがいやだ(普段から服に水がちょっとでもかかると、
    すごくいやがって着替えているくらいなので)。

    これはやる前に「濡れてもたいしたことないから大丈夫だよ~」と言ったら、なんとか
    やってみることにしてやった。風船が来た時ぱっと逃げたので塗れなかった。



2. 「袋に入ったままぴょんぴょん飛んでゴールへ向かう競技」
    絶対転んで前に進めなくて、みんなに笑われるからいやだ。

    やらなかったけど、転んだ子もいっぱいいたし、うまく出来ない子もいたけど、
    みんな一生懸命名前を呼んで応援してたのでやればよかったのに~~~。



3. 「ボールをおたまにのせて運ぶ競技」
    絶対おとしてできないからいやだ。

    これはやらないで終わりました。



4. 「ボールをバウンドして相手にパスする競技(競技なのか?)」
    やる気がなかった。できないため。

    トイレか水筒を取りに行った(それもクラスの半分くらい)ため、
    やらずにすんだ。


5. 「適当にダンスする競技」  
    ノリノリな曲に合わせて適当にダンスするのだけど、日本の子はみんな
    やりたくなかった(笑)。Ryonはそれでも一瞬だけ踊っていたような・・・。



 どの競技も日本の運動会のように勝つことが目的でなくて、やって楽しむのが目的なのでとっても楽しそうなんだけど、どうしても苦手なものはやりたくないと頑固でした・・・。それが通じるアメリカ。Ryonは日本よりアメリカの学校の方があっていると思う・・・。とにかくみんなができなくちゃダメ、やらなくちゃダメって感じでないところがいい(こういうどうしても出来ない子供のためには)。


 服が水に濡れるのをとてもいやがっていたRyon。なのに、帰りに学校の公園の大きな水たまりで思いっきり水遊びをしていた。帰りはびしょぬれだったけど、平気な顔で帰って来た。なんだ、大丈夫な時もあるのか~~。これは克服できる悩みなのかな???
[PR]
by Ryonmath | 2011-06-11 11:45 | スポーツ

今日の反省・・・

 常に少食なRyon。晩ごはんの時、お腹いっぱいで食べられないと言っていたけど、これから日本に帰ってからの給食のことなど考えたら、ちょっと無理してでもたくさん食べられないと困るだろうと思って、
「もうちょっとがんばって食べなよ~。給食とか食べられないと困るよ~」
と全部食べさせたら、食後お腹が苦しいと言ってソファにしばらく横たわっていて(珍しい)、その後歯磨きして寝かせたが、夜中におきていきなりベッドで吐いてしまった。

 やっぱり、他の子みたいにたくさん食べられない子なんだろうか・・・。ムリしすぎはよくなかったな・・・と反省。ちょっとだけがんばるくらいにしておけばよかった。

 しかし、いっぱい口に入れすぎたり嫌いなものを食べると思いっきり吐くので、外食の時なども気が抜けない。常に飛行機に乗った時にもらってきた袋をバックにしのばせておかなくちゃいけない。



 夏になって、アパートのプールが使えるようになり、Ryonも毎日行って泳いでいる。しかし、日本では小学2年生というのに、いまだに浮き袋が手放せない。赤ちゃんの時からスイミングに通っていたのに、水に顔をつけるのがやっとという程度。むしろ、どんどん水がコワくなっている。



 日本に帰った時に、給食が食べられないとか、水泳で水がこわくて何もできないのは、これはとてもマズイ。アメリカならなんの問題もないのに(お昼は持参のお弁当。おはしだって使えなくてよいし。水泳も学校にプールないし)。Ryonはずっとアメリカにいた方があっていると私は本当に思うことが多い。日本はみんな平均的に同じことができなくちゃいけないものが多すぎる。そんなにできなくてもいいのに。それが原因でいじめとかにつながるくらいなら(給食を残すとか、食べるのが遅くてからかわれたり、全く泳げなくて水泳大会でバカにされたり←過去に経験あり)、みんなができなくちゃいけないのは、できるだけ少なくしてほしいなあ。
[PR]
by ryonmath | 2011-06-10 12:08 | せいかつ?

難しいなあ~

 昨日の学校の帰りは、クラスの子と遊んで帰り、途中、
「○○くんがヘンなこと言ったからもう遊ばない!」
を何回も言い、
「その都度、そんなこと言わないで、○○くんの所にもう一回行ってみなよ~」
と私に言われ、また行って一緒に遊ぶを繰り返していた。

 そのお友達は、いちいちそんなことを言っているRyonにも、そんなにいやがらずに、戻っていったらまた一緒に遊ぶを繰り返していた。ありがたいです・・・。受け入れてくれない子は全く受け付けてくれないもんね。

 その子のママはその子が何か悪いことをしたら、いつもしっかり目を合わせて冷静に説明し、反省させている。とっても素晴らしいママなのだった。

 で、ウチの場合、目を合わせて・・・がない。Ryonは叱られると思うと、耳をふさいで最初から聞かない体制になっている・・・057.gif

 これでは、難しい。耳をふさいでこっちを見ないのでは、落ち着いて冷静に話すどころではない。他の人から見たら、わがままな子供と、なめられてる母の図だよな~~と思う。

 が、聞かないということは、自分が悪いと思っていることかもしれないので、後から言うしかないなあと思う(こっちもより冷静になっているし)。はちゃめちゃな行動をとっている時は、本人の力ではとめられない雰囲気さえあるし。なかなか難しいRyonなのであった・・・。そしていつ言うのがRyonの場合は効果的かというものをもっと把握しなくっちゃと思う。



 暑くなってきたので、アパートのプールも近日中にオープンしそう。赤ちゃんの時からスイミングに行ってたのに、年々水が苦手になってきているRyon。今年は潜ったり、ビート板で泳いだりできるようになるといいな(浮くのはまだまだかな)。

 
[PR]
by ryonmath | 2011-06-08 11:38 | あそび